税理士事務所の月次巡回監査とは

###Site Name###

税理士事務所に仕事の依頼をすると、事務所側の方針で「月次巡回監査」という、月に一度税理士や事務所スタッフが顧問先を訪問して、世間話をしつつ書類を渡し、事務所に戻ってからはオフコンにその記録を残す、というルーチンワークを業務として行っているところが多いのが現状です。
そして実際に毎月この事務所側のルーチンワークに高い顧問料を支払い続けている会社が多いのです。

様々な分野の税理士の福岡の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

このような慣習は、ある程度大きい規模の会社であれば、毎月事務所の方とお会いして色々な相談や打ち合わせをして月々の損益の状況を監視していくという場合はある程度有効かもしれませんが、事業規模が家族経営程度の会社の場合では、そこまでする必要がないところがほとんどです。

税理士の東京技術のご紹介です。

しかし「月次巡回監査」を必要としない会社であっても「月次巡回監査」を強制して無駄な費用を負担させようとしている事務所が実際には存在するのです。


奈良の税理士に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

これはお客様の事情をまったく無視したやり方と言えるでしょう。


神戸の相続税を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

このようなことが現状として頻繁に発生しているのです。

また、別の話でも「月次巡回監査」を採用している事務所に依頼し続けている会社では、毎月毎月事務所の人が訪れてきてまるで税務調査をされているようで本当に疲れてしまったというエピソードがあります。


大阪の自己破産はとても人気があり、興味深いです。

ただ現状としては、昔ながらのやり方をしている税理士事務所の中にはいまだに「月次巡回監査」でないと依頼自体を引き受けたくないというところが多いのでその点を十分に考慮しつつ良い事務所を探してみてください。

http://www.j-fsa.or.jp/personal/contact/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E8%AA%8D%E4%BC%9A%E8%A8%88%E5%A3%AB
https://www.facebook.com/fukudalta